平成28年4月10日(日)第28回埼玉北斗支部発表会が、熊谷文化創造館さくらめいとに於いて盛大に開催されました。
直実節で幕が上がり、第1部は「ここに幸あり」「お祭りマンボ」など、様々なジャンルの曲が演奏されました。昨年までの熊谷会館と会場の雰囲気と勝手が違うからなのか、舞台そでに並んでいる時から、会員の方々は皆さん緊張している様子でした。
第2部の「邦楽の調べ」では新名取の披露があり、手拭い撒きが行われ、その後静かな会場には大正琴の音色が響き渡りました。
第3部は、ゲストの「POISON」を迎え、ステージで歌うカオリンの透き通る声に引き込まれてしまいました。また、友情出演のぐんま中央支部の皆様には「哀しみ本線日本海」「ラストダンスは私に」の演奏で会場を盛り上げていただきました。
第4部に入る頃には、会員の皆さんもさくらめいとに慣れてきて、日頃の練習の成果を十分に発揮できたと思います。
第5部の「指導者によるアンサンブル」は「お嫁サンバ」で演奏者と会場のお客様が一体になり、大変盛り上がりました。
フィナーレでは「恋の季節」を演奏し、たくさんの拍手をいただき大盛況のうちに終演となりました。朝早くから長い1日でしたが、思い返してみるとあっと言う間に過ぎていった気がします。次回の第29回発表会も今からとても楽しみです。

深谷部会  関口 純代