平成平成28年10月15日と10月31日と2回にわたり、有志で熊谷市の介護老人保健施設・ぬくもりに大正琴の音色を届けてまいりました。
1回目は2階の約40名の方々へ景気よく「銭形平次」でスタート。2曲目「もみじ」の後「瀬戸の花嫁」を演奏した際、司会の塚田さんが『瀬戸内海にはいくつの島々があるでしょうか?」との問いかけに「百〜」や「二百〜」とのリアクションが・・。「正解は727です。」には一同「えーっ!」という歓声が上がりました。これでハートをしっかり鷲掴み!「旅の夜風」「青い山脈」「ふるさと」そして最後の「川の流れのように」まで全8曲無事演奏いたしました。次回への弾みがつく演奏会でした。
そして2回目は1階の約60名の方々へ、メンバーを5名から12名、衣装はオレンジからピンクへそして選曲も少し変えて臨みました。
「高校三年生」「北国の春」「リンゴの唄」、特に「リンゴの唄」はイントロが始まるや否や大きな手拍子をいただき演奏冥利に尽きました。後半の「ふるさと」「川の流れのように」で無事演奏終了しました。「ふるさと」は両日とも多くの方の琴線に触れた曲でした。
次回はほんの少しでも大正琴に触れていただける機会を設けたいと思いながら、「ふれあい、やすらぎ、そしてぬくもり」がモットーの施設を後にし、私達のハートも”ぬくもり”ました。

熊谷部会 池田美智代