平成29年4月16日、初夏を思わせるような陽気の中、第29回埼玉北斗支部発表会が熊谷文化創造館さくらめいとに於いて盛大に開催されました。「負けないで」で幕を開け、第1部は会員による演奏です。「東京の灯よいつまでも」「花のメルヘン」など、各グループが日頃の練習の成果を発表します。
第29回埼玉北斗支部発表会
第2部は邦楽の調べ。名取披露に続き邦楽の演奏ですが、純粋に大正琴の音色だけを聴いていただきますのでまた違った緊張感に襲われます。そんな雰囲気をガラリと変えたのが第3部ゲストのPOISONです。圧倒的な歌声のボーカル・カオリンとシンセサイザーの岡田さんのステージは、まるで別世界にいるようでした。
また、友情出演として上毛支部とぐんま中央支部の皆さんが舞台に花を添えて下さいました。第4部は再び会員による演奏です。「ベサメムーチョ」や「君をのせて」といった各グループの選曲はもちろん、曲目解説や衣装にも注目です。
第5部は指導者によるアンサンブルで、「埠頭を渡る風」「スポットライト」「恋」を演奏。「恋」では、チアダンスチームRapora所属の子供たちが可愛い恋ダンスを披露して下さり、会場中が大いに盛り上がりました。急遽2ヶ月前に曲目を変更し少々不安もありましたが、お客様の手拍子と子供たちのダンスのパワーに後押しされ練習以上の演奏ができたと感じています。Raporaの皆さん、可愛らしくて力強いパフォーマンスありがとうございました。
その盛り上がりのままフィナーレを迎え「真赤な太陽」を演奏し、たくさんの笑顔に囲まれて終演となりました。来年の30回記念発表会へ、しっかりとバトンをつなぐことができたのではないでしょうか。

熊谷部会 大内尚美