平成29年6月1日(木)にニューサンピア越生にて、およそ60名の受講生を集めて新こうねん大学が開講されました。私達埼玉北斗支部は13名で「大正琴の魅力」を伝える授業を行いました。約70分のプログラムは「大正琴の歴史」「大正琴の紹介」「演奏体験」と「ミニコンサート」というものです。
新こうねん大学
「大正琴の歴史」を説明している場面では、BGMとして話の流れに沿った曲目を演奏いたしました。大正琴の紹介が終わったら、体験コーナーです。一人が5〜6名を受け持ち、受講生全員に大正琴を触っていただきました。短い時間でしたが、初めて大正琴に触れ音が出た感動で「ありがとう!」と言って私の手を握って喜んでくれた方もおられ、感激いたしました。
新こうねん大学
ミニコンサートでは「ダンシングオールナイト」「恋におちて」「埠頭を渡る風」「お嫁サンバ」「川の流れのように」を演奏し、最後に「ああ人生に涙あり」「上を向いて歩こう」「ふるさと」を大正琴演奏と共に受講生皆さんに歌を唄っていただました。
昨年に引き続き二度目でしたので、段取りも良く授業を行うことができ楽しめました。そして何よりパワフルで終始笑顔の受講生から力をいただいてまいりました。
山の緑に包まれた瀟洒な建物には、ホテル、プール、小劇場があり、庭にはプール遊具等もあり幅広い世代にご利用いただけるニューサンピア越生でした。美味しいランチをいただき、大変充実した一日となりました。

熊谷部会 坂本孝子
(写真は新こうねん大学の大室博美様より譲り受けました。)