平成30年7月29日  埼玉グランドホテル本庄にて行われたコンサートに出演しました。
予約席にてホテルランチを食べながら楽しんでもらう企画で、1部はマリンバの先生の演奏、2部は大正琴の演奏そして特別企画でマリンバと大正琴のコラボ演奏の1時間。客席には180人ほどの方がいらっしゃいました。

私たちは1人1パートで5名で演奏しました。夏休み企画でお子さんもいらっしゃるということでアンパンのマーチから弾き始め、北空港、珍島物語、島唄の3曲を演奏しました。島唄では最後段々速くなる演奏に合わせ手拍子を入れてくれる方もいて盛り上がりました。

そして、初めての試み、マリンバとの演奏。 今月17日にフジクラ楽器にて一度音合わせをしましたが、思った以上に音色が大正琴とマッチしていたので、急遽、もう1曲合わせていただきました。少人数の大正琴だけの演奏では何となく寂しかった、AKBの恋するフォーチュンクッキー、当日のリハーサルで音合わせをお願いし、思ったとおりとても良い仕上がりになりました。 君をのせて、恋するフォーチュンクッキー、ふるさとは今も変わらず、の3曲をマリンバと一緒に演奏し大成功。

盛り上がったところで、アンコール!私たちのアンコールと言えば、川の流れのように。客席の沢山の方が一緒に歌ってくださり、いつも以上に私達出演者と客席と一緒に楽しめたと思います。

来ていただいた友人からは、大正琴のイメージの想像と全く違っていてとても良かったと嬉しいお言葉をいただきました。どうやら、大正琴とは箱型の楽器でおばあちゃんが弾くというイメージだったようです。特にバスの音に感激したらしく、ギターのベースみたいでカッコいいと絶賛していました。

また今回、お話をいただいた際にマリンバの先生と一緒にとの依頼で初めてのことで不安もありましたが、同じ音楽の世界で貴重な新しい経験をさせていただけたことに感謝です。沢山の方々に大正琴の魅力が広められるきっかけになったら幸いです。

熊谷部会 栁瀬幸子