今年の熊谷は特に暑く7月23日には41.1度と最高気温を記録し、富岡市長より「ためらわずに冷房を使い、身の安全を守りましょう」という放送が 流れた当地に於て、平成30年8月18日(土)熊谷和楽の会、熊谷まちなかモール委員会主催の「第11回星渓園夕涼み会」が開催され、埼玉北斗支部も支部長含め7人で出演致しました。

私たちは午前中に音会わせをし、昼食をとり星渓園へと向かい持ち物を整え一息ついた処で2階の茶席で庭園を眺めながらお菓子と抹茶を戴きながら一時を過ごしました。本日演じる場所は一階の「松風庵」の一部屋だけです。

14時45分から和箏で始まり続いて日本舞踊、この時は年配の方々の姿が目立ち一番賑わっていました。きっとお孫さんの舞う姿を観に来たのでしょう。

そして長唄にと続き18時ちょっと前にようやく私達の出番となり、予め入り口の所に楽器その他用意しておいたので、すぐテーブルを出し幕を張り琴を並べて、なんと準備の速いことか、これで琴の演奏が始まります。

まず1曲目は「また君に恋してる」そして「精霊流し」と続きアンコールを入れ7曲弾きました。客席からは1曲終わるごとに多くの拍手を頂き、私たちにとって一番の励みとなります。

そろそろ周りもうっすらと暗くなり、さわやかな風が吹く中、琴の音を聴く、これが本当の「夕涼み会」なのかなと思いつつ、みんなで後片付けをして帰路につきました。

熊谷部会  中嶋千枝子