平成31年1月20日(日)、ホテルガーデンパレスに於いて平成最後の31年度埼玉北斗支部総会・新年会が開催されました。

第一部の総会は、支部長の挨拶に始まり、琴城流大正琴振興会北関東担当理事の川路恭央様よりご祝辞をいただき議事に入りました。

第1号議案の「事業報告」、第2号議案の「決算報告」。「監査報告」をはさみ、第3号議案の「事業計画」、第4号議案の「予算案」を上程。そして質疑応答と進み、会員皆様の承認の拍手をいただき可決承認されました。続いて第5号議案の「附則改訂案」で北斗支部年会費と部会費を纏める案件。これも賛成多数で可決承認され総会を終了しました。

続いて第二部の新年会へと移り支部長より指導者並びに新入会員の紹介が行なわれ、鈴木楽器の紺野様の乾杯のご発声により和やかに新年会が始まりました。

アトラクションでは二組に分かれた指導者による大正琴の演奏で一曲目は「日本のわらべ唄」の前に「六段と雲井六段の合奏」の弾き始め部分を付けての筝曲。出来はどうだったでしょうか。二曲目は「ドレミの歌」が演奏されました。こちらは完璧。
そして恒例だった「イントロゲーム」に代わり「大正琴でカラオケ」という初めての試み。講師会有志6名による大正琴演奏で6曲、希望者を募り歌っていただきました。間に「365日の紙飛行機」の演奏に合わせて大久保教室の会員の方が指導して下さり「健康体操」。全員が身体をほぐし爽快気分になりました。

続いて「ビンゴゲーム」で大いに盛り上がり楽しいひと時を過ごしました。最後に恒例の「秩父音頭」を全員で踊って締めくくり、新年会は閉会となりました。もう目の前となった発表会へ向けて一息ついた一日となりました。

行田部会 井海田昭栄