令和元年9月8日 (日)アルソア縁(ゆかり)のオーナーで北斗支部の指導者でもある松村さん宅の敷地内で、5回目となる「アルソア夕涼み会」が行われました。台風15号が夕方頃から影響してくるという中、今回は屋内での開催となり決行されました。
 当日は会場となる松村さん宅の新築の大きな鉄筋作業場で朝練。 ベースを弾いて下さる田沼さんが手掛けた作業場には、 大きな乾燥機が2台設置されすぐにも始まる 稲刈り前の空間に、演奏舞台を松村さんのお父様が設置して下さいました。 またお客様用テーブルと椅子も設置して下さりコンサートの雰囲気もバッチリ。



 大正琴4人での練習が一通り終わりサロンへ行くと、 尾登さんのご主人が下準備してくれた大釜の炊き込み玄米、大豆のお肉のフリッター等で コンサートで振る舞うお弁当作りが始まっていました。

 手島さん達メンバーが到着し機材を搬入。 設置している途中で激しい雨が、これでもかという位強く叩きつけて降ってきました。 台風接近で覚悟はしていましたが、合わせ稽古終了時には雨も止み空には綺麗な虹が掛かっていました。

 5時から本番がスタート。慣れた松村さんの司会で前座の大正琴演奏が始まりました。大正琴4台にドラム、パーカッション、ウッドベース、キーボードを交えたアンサンブルコンサートは、途中ボーカルレミンの歌入りによる「イエスタデイワンスモア」 や尾登シェフからのお弁当紹介などを交え、アンコール曲は手島さんの奥さんチャコちゃんに「糸」を歌ってもらい、全部で8曲を演奏しました。



 その後はジャズサウンドにのせたレミンの舞台。 お客様にはお弁当を食べてもらいビール等を飲みながらジャズコンサートを楽しんでいただきました。立ち見のお客様もいて会場は大盛り上がり。終わるまで雨は降らず大成功に終わりました。台風15号は千葉県等各地に大きな被害を与えて通り過ぎて行きました。被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

行田部会  澤田典子