令和時代に入り初めての総会及び新年会を、令和2年1月19日(日)にホテルガーデンパレスに於いて晴れやかに開催されました。

 第1部の総会は支部長挨拶から始まり、琴城流大正琴振興会運営本部理事の「眞鍋義廣様」よりご祝辞頂き議事に入りました。第1号議案の「事業報告」第2号議案の「決算報告」「監査報告」をはさみ第3号議案の「事業計画」第4号議案の「予算案」を上程、そして質疑応答と進み、会員の皆様の承認の拍手をいただき可決承認されました。
 次に役員紹介と支部講師より新年のご挨拶をいただき、第2部の新年会へと進みました。
 アトラクションでは恒例になってきた、指導者による大正琴演奏を1曲目は 本部講師の松井一実先生よりご指導いただいている筝曲「光と影」をバスパートとソプラノの2パートだけという珍しい組合せで演奏しました。
 2曲目は1982年松田聖子さんが歌ってヒットした「赤いスイートピー」を演奏しました。

総会・新年会参加者

 そして昨年よりイントロゲームに代わりカラオケ大正琴大会を、こちらは今年度発表会で披露する曲を各チームがそれぞれ1曲ずつ選び、講師会有志6名のバック演奏にのりグループが歌いました。
 運営本部理事の眞鍋様には「氷雨」を東京支店の紺野様には「川の流れのように」を歌って頂き、会場内では和気あいあいと演奏者も会員の皆様も大盛り上がりで楽しいひと時を過ごすことができました。
 続いて、いつもの「ビンゴゲーム」で盛り上がり、最後に恒例の「秩父音頭」を全員で踊って締めくくり、総会、新年会を終了しました。

熊谷部会 堀田久美子