アルソア縁「蒼空コスメ&ほんわかマルシェ」

 令和4年11月6日(日)昨年に引き続き、アルソア縁(ゆかり)主催のイベントが加須市志多見にて開催され、蒼空の下大正琴の演奏を行いました。昨年の活動報告の中で「2022年秋、またこの企画が開催され大正琴の音色を多くの方に聴いて頂きたい」という思いが綴られておりましたが、嬉しいことに大正琴の演奏を是非聴きたい!というリクエストの声も上がり、再びステージでの演奏をさせて頂くこととなりました。
 アルソア創立50周年という記念の年に開催された「蒼空コスメ&ほんわかマルシェ」天候にも恵まれ会場は手作り感溢れる雰囲気で、足を運んでくださるお客様に楽しんで頂きたいという主催者側の思いが強く感じられました。この企画はアルソアが提唱する真の健康(心・体・肌の健康)をお届けする場として、お客様のキレイと健康に寄り添うイベントです。

 10時のスタートと同時にお客様が来場され、午前中には行列が出来るほどの賑わいとなりました。ほんわかマルシェコーナーでは、こだわりの食材で作ったおやつや有機野菜・秋の味覚たっぷりの身体にやさしい和洋食弁当等が勢揃いし、お買い物を楽しむお客様の姿が微笑ましかったです。
 そして蒼空コスメコーナーでは、スタンプラリー形式を取り入れ、アルソア製品の体験や試飲・新製品のサンプルプレゼント等、余すことなく楽しめるよう工夫がされていました。

 そんな中、今回のイベントの醍醐味である【ランチタイムコンサート♪】が11時45分からスタートしました。~心地よい音楽を聴きながら身体によい美味しいものを食べる~日頃の疲れを癒し、ちょっと一息”ホッ”とする時間を楽しんで頂けるステージです。
 会場では手作り玄米みそを使ったけんちん汁が振る舞われ、マルシェコーナーのおやつやお弁当を食べながら…さぁ、音楽に耳を傾けましょう!
 最初に登場したのは委員会バンドの皆さんです。30代から60代のメンバーで構成され、他のイベントでも活躍されているフォークソングを中心に演奏するバンドさんです。「青春の影」や「サボテンの花」等、心に染みるメロディーで包み込むような演奏を届けてくださいました。


 続いて、いよいよ私達アンサンブル北斗5名による大正琴の演奏です。女性メンバーの衣装は事前に打ち合わせをしていましたが、当日会場入りした藤倉支部長も何とピンクのTシャツで、偶然にも色がピッタリでした。このまま演奏も息ピッタリといきたいところです。
 演奏曲は「地上の星」「越冬つばめ」「アイノカタチ」「君の瞳に恋してる」「YaYa(あの時間を忘れない)」の5曲にアンコールでは「心の旅」を演奏しました。委員会バンドのドラムを担当された小川さんがサポートしてくださいましたが、合わせる時間がない中、演奏曲を完全コピーされ完璧にドラムを叩いて、大正琴の演奏を盛り上げてくださいました。
 アンコール曲は委員会バンドさんのセットリストにも必ず入っている「心の旅」を選び、最後はボーカルも参加しての演奏で締めくくりました。会場のお客様からは温かい拍手を頂き、私達も”ホッ”と一息出来ました。初めて大正琴の演奏を聴いたという方もいらっしゃったようで、とても良かった!という感想を頂きました。音楽で皆さまの心を豊かに出来れば嬉しい限りです。

 私が初めて大正琴の音色を聴いた時の感動を、ひとりでも多くの方に感じて頂けるよう、これからも練習に励みたいと思います。因みに当日のご来場者は108名と大盛況でした。埼玉北斗支部からも応援に来てくださった皆さま、ありがとうございました。

行田部会 澤田典子

タイトルとURLをコピーしました